錬金術ってご存知ですか?

石を金の塊に

ただの石ころがとある方法を利用することで近海になるという方法が開発されたら、誰もが食いつきたくなるものですね。そうすれば道端にあるただの石があっという間に金を手に入れることができるということになれば、誰もがこぞってその手段を手に入れようとしたいと思うでしょう。結論から先に言ってしまうと、そんな方法は存在しません。そんなことが出来る技術が発達しているのであれば、人間同士の争いというものはこれまで以上に激化していたでしょう。

でも実際にそんな技術を手に入れようとして研究を研究に重ねて真理を探究していた人たちもいます、そんな人たちも魔術を行使する『錬金術』というものを利用していました。この錬金術というのも今の現代においては、広く知れ渡っている内容ですね。マンガ作品でもしょっちゅうテーマにもあげられていますから、それだけ人間の魔術という歴史の中で錬金術というものがなじみのある魔術として古くから実行されているのです。

パワーストーンのひみつ
流行にも敏感な皆幸不動産 鹿嶋 田舎暮らしで理想のお住まいを探してください。社会の変化に応じて和風住宅、洋風、欧風住宅と流行は様々に変化しています。

起源と歴史

錬金術の起源としては古代エジプトで行なわれていた『治金術』にあると考えられており、そこからさらに古代ギリシアにおいてアリストテレスが卑金属の形相を取って質量因として、これに対して形相因を与えることで金へと変容させることができるようになるという理論を完成させることに成功したのです。その後この錬金術はギリシャ哲学などと共にイスラム圏内に伝わることになりました。それから十字軍の遠征などで西ヨーロッパにもその技術が普及したことで、錬金術は更なる発展を遂げることになるのです。

西ヨーロッパで錬金術が発表されると13世紀以降にはその技術も理論も大きく発展することになり、西洋を代表する魔術としての地位を築くことになり、多くの魔術師たちが錬金術というものを学ぶことになりました。その後世界各地にも錬金術というものが広がっていき、それは東洋だけではなく中国にも広がっていくことになったのです。錬金術と一言でいっても国によっては理論そのものが異なっており、それに対しての錬金術の使い方そのものも異なっている、なんてことも見られるようになったのです。

錬金術など現代からすればばかげていると思えますが、それでも歴史全てを通してみると錬金術というものは一般的な学問として勉強されていたこともあって、あながち異端技術の一つとして見られていたということでもないのです。そういうことを考えると魔術という分類の中ではひどく一般的な学問としても認識することが出来るかもしれません。とは言っても、卑金属を近海に買える実験が成功したという文献も存在していないので、学問として勉強しても現代人からすれば非常に難問な問題に取り掛かることになる議題ですから、一般的な思考を持っている人からすれば中々実行したいと思わない学問としても見れるでしょう。またこうした錬金術を行なっている人の中には他に職を持っていながら錬金術の研究を継続的に行っているという人もいるくらいですから、この錬金術というものが魔術師などと謳っている変人や狂人ばかりが実行していたということではないということです。

魔術を使ってみたい件

賢者の石と生命のエリクシール

錬金術を学ぶことで必ず出てくる二つの存在、それは卑金属を金に変えることの出来るといった知識を始めとした、この世界のありとあらゆる知識を持つといわれている伝説の『賢者の石』と、人間誰しも生きているということになれば、不老不死になってみたいと願望を持つことがあるかもしれない、そしてそんな欲望を叶えることの出来る霊薬『生命のエリクシール』というものを作り出す、この二つは錬金術を学んでいた魔術師たちが目指したものでしょう。どちらもマンガやアニメなどでしょっちゅう取り上げられているテーマなのでご存知の方も多いと思いますが、普通に考えたらそんな物が存在するわけがないというのです。

現に夢をぶち壊すような理論、卑金属を金に変える技術というものはどのような方法を用いても物理法則を超えることは不可能であると断言できるとまで科学が証明してしまっているので、もしその壁を乗り越えるということになれば、先ほどにも書いたような『魔法』という存在にたどり着かなくてはならないのです。もう分かると思いますが、単純に不可能なんですよね、そんな物理法則を乗り越えるようなことが現実に出来たとしたら、もう何も困ることもなくなるんですから。夢があって良い話なのですが、現実に考えたらそんなことできるわけがない、それで議論は終了します。理想を壊してしまうことになるかもしれませんが、これが私たち人間として生きる中で背負うことになる限界というものなのです。

TOP